一学期最後のお弁当

d0164962_14591268.jpg

昨日は一学期最後のお弁当。
毎週金曜日は四月から始めた運動系の習い事があるのでバランス良くしっかり食べてもらいたい。
といっても冷食にまったく頼らずにというのは無理なので(苦笑)
必ず一品目だけは手作りの野菜たっぷりお惣菜を入れています。
この日はひじきも入れた切り干し大根、息子の大好物です。
彩りにプチトマトを入れたいところだけど意外に傷みやすいプチトマトは避けて
暑い間はチェリーの缶詰を良く使っています。

ワカメご飯
ひじき入り切り干し大根
ミートボール
九条ネギ入り卵焼き
ジュウオウジャーウィンナー
栗の甘露煮
チェリー
ブロッコリー
種無しブドウ

この日の朝、出がけにグズグズした息子・・・。
所用があったので園に出向くと当の息子はケロッとしてました。
先生とお話しすると、息子くん、「自分でやりたい」気持ちが強いそう。
自分でやりたい気持ちとそうはいってもなかなか上手に出来ない現実で壁にあたっているようで・・・。
園ではまだまだ身支度やらお片付けやら自分で全部出来る子ばかりではなく
先生が手伝ったり身支度なんかは前後、表裏関係なく着替えてしまう子もいるなか・・・、
息子は「自分でちゃんとしたい!でも、みんな早く終わっちゃう!どうしよう!」な心境らしいです・・・。

そういえば息子、参観日のときはよその子が放り出したままのブロックも回収して片づけていたし
作った形のままおもちゃ箱に放り込まれたブロックまで一つ一つ解体して片づけてましたっけ・・・。
そんなに几帳面に育てた覚えはないつもりなんだけどなぁ・・・。

先生は息子のその「やりたい気持ち」はとても大事なことだからって言ってくださって見守りましょう、と。
男の子は少し頑固な部分があった方がいいです!だそうです。

四歳になったら楽になると思ってた子育てだけど
たしかに二歳のイヤイヤと比べたら息子本人の言葉で意思で伝えてくる分だけ楽にはなっているんだと思う。
でも、子供の訴えてくる理由って大人からしたら「え?!そんなことで?!」ってことが多くて
思わず「は?!そんなことでなにいってんの?!」と叱り飛ばしてしまいそうでした。
四歳~五歳、ここからは内面の成長に寄り添っていかなければならないんですよね。

ここ数週間でわたしも意識を変えて、「オレがやる!」と言ってやらせて本人が苦戦しているときは
「かしてごらん」じゃなくて「どこが出来ないかお母さんに見せて?」と一緒に解決に出来るように心がけています。
それから、そんなに「オレがやりたい」というならば、その気持ちを利用して
洗濯物を畳んでもらうこと、おにぎりを握ることをお手伝いに追加しました。
(他に飼っているダンゴムシのお世話、スーパーでのアレ持ってきて等々)
出来たことに対して「偉いね、お利口」と褒めるワードは避けて「うわぁ、助かる、お母さん楽ちんだよ、ありがとう」に変えて・・・。
まだまだ成果は表れないけれどそんな経験を積み重ねて息子の自信に繋がってくれたらなぁ、と思います。
[PR]
by suzy0417 | 2016-07-16 15:45 | SONY RX100 | Comments(0)

もうすこし銀塩でいさせて? でも、そろそろデジタル


by suzy0417
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30